闇雲な開催は逆効果|eラーニングで空いた時間に研修して有効活用しよう

eラーニングで空いた時間に研修して有効活用しよう

レディー

闇雲な開催は逆効果

会議

研修の効果を算出する

研修を開催することで人材育成を図ることはよく知られています。しかし企業研修は、開催自体がコストになります。その時間の人件費コストや開催場所のコストなどはかかります。大規模な研修ほどその持ち出しコストは大きくなるのです。しかしこのコストを支払ってでも企業研修を行うには理由があります。一般的に企業研修といえば、実務に備える研修があります。研修を受講しないと実務内容を覚えることができないだけでなく、研修後は生産活動に移ることができるため、コスト回収をすぐに行う事ができるのです。しかしマインド研修などは成果として現れているかの判断がつきにくいだけでなくコスト回収のスケジュールが立てにくいなどのデメリットもあるのです。

外部講師も一つの方法

企業研修は闇雲に全社員に対して行っても意味がありません。必要な時に必要な人に対して研修を実施することが最も大事なポイントなのです。そのためまず誰に対してどのような研修が必要なのか、そしてその研修を通じて何ができるようになるのか、明確なビジョンを立てる必要があります。企業研修を専門的にプロデュースしている企業もありますので、一度相談したりカウンセリングすることも大事です。自社内に教えることができる講師がいない場合には、外部講師を招くなどの方法もあります。特に接客などの専門分野は、それを第一に行っている企業にお願いするほうが効果が高くなります。外部講師だと一定の緊張感を保つことができるメリットも持っているのです。