実施の現実は難しい|eラーニングで空いた時間に研修して有効活用しよう

eラーニングで空いた時間に研修して有効活用しよう

レディー

実施の現実は難しい

保育士

企業側の子育て支援

子育てをしながら仕事を続けたいと考える人は増加しています。しかしながら日本の保育事情は悪化しており、預ける保育所の待ちが発生するなどの社会問題にもなっています。そのため実際には働きたいと考えている人も働くことができずに困っている場合や、子供を作ることで仕事の妨げになると子供をあきらめるケースも多くなっています。このような環境を企業側が支援する方法のひとつとして事業所内保育があります。これは事業所に勤める人であれば、子供を勤務時間内に預けることができるものです。料金も公共の保育施設よりも安く利用できることもあり、福利厚生の一環として取り入れる企業が多くなっています。しかし保育士や環境施設のコストなどの問題もあります。

経営に難がある

優秀な人材を抱えておきたいと考える企業としては積極的に事業所内保育を支援すべきなのですが、普及率は低くなっています。この背景としては、企業側にそれだけのメリットがないためです。施設の維持は認可などの問題もあり助成金などがほとんどありません。加えて施設維持のためのコストが必要になります。また保育士などの人件費もかかるため、経営状態に赤字をもたらすリスクが非常に高いのです。保育士の数は子供の人数によって決まりますが、法律上設置しなければならない数をクリアするためには、過剰な保育士の数が必要になるケースも多くあります。事業所内保育は民間保育施設経営よりも難しいのです。そのため今後の課題として民間の施設を兼ねた事業所内保育を実施するなどが必要なのです。