eラーニングで空いた時間に研修して有効活用しよう

男女

苦情処理の仕事

PC操作

クレーム対応に向いている人材の特徴としては、相手の話を丁寧に聞く姿勢がある人です。また、感情的にならずに我慢強い人もクレーム対応の適性があります。クレーム対応の社員研修では、お客様に対する説明能力を向上させる事が重要です。

Read

闇雲な開催は逆効果

会議

企業研修を開催する会社が増加しています。特に業務に特化した研修ではなく、マインドなど社会人として、ビジネスマンとしての研修が多く取り入れられるようになっています。闇雲に行うのではなく、必要な人に必要な研修を開催するプログラムが必要になります。

Read

組み合わせることで効率化

説明

講師が必要ない

社内で研修を実施するには、研修を受講する人のほかに研修講師を準備する必要があります。また開催場所などの確保も同時に必要になります。講師のスケジュールを考慮し、その時間に受講するメンバーを集めなければならないなど日程調整を行う必要もあります。そのため研修を次々に実施することは難しく、受講したくても受講できない人もでてくることがデメリットになります。もちろん複数回数実施することもできますが、効率的ではありません。そこでeラーニングシステムを利用した研修方法が話題になっています。eラーニングはパソコンを使用して自分で独学で受講すするシステムです。音声と映像によって開設される内容を一通り確認し、最後にテストを受講します。

使い分けが大事

eラーニングは講師の時間を必要としないだけでなく、自分の好きな時間に受講できるメリットも持っています。そのため、必要に応じて開催することができます。eラーニングを導入している会社は多いのですが、差分研修や、情報保護に関する研修など簡単に行う事ができる内容に特化されているのが特徴です。難しい内容のものなどは、講師を立てる方が理想です。その理由は、講師が解説した内容に対して都度理解度を確認したり、質問を受付することができるためです。長丁場に及ぶものもeラーニングが不得意とする分野です。そのため内容や状況に応じて使い分けることが最も効率的な方法となります。簡易的なeラーニングを日常の研修カリキュラムに加えることで利便性が向上するのです。

実施の現実は難しい

保育士

子育てしても仕事を続けたいと考える人は増加しているものの、保育施設の不足により想定通りにいかないケースが社会問題にもなっています。企業側の支援として事業所内保育の設置があります。しかし保育士や環境コストの問題がリスクになっている事実もあります。

Read